ノンシリコンシャンプーはなぜ「きしむ」のか?

ノンシリコンシャンプーがきしむのは本来のシャンプーの姿

ノンシリコンシャンプーがなぜきしむのか?という前に、いわゆる「シリコンシャンプー」について説明したほうが、回答を導きやすいので、そちらからお話をさせていただきますね。

 

シリコンシャンプーは、髪の毛をコーティング、つまり被膜を作っているので、髪の毛の指通りが良くなったり、艶(つや)やかに見せるようにしています。

 

シリコンシャンプーのデメリットとしては、髪の毛をコーティングしていて、かつ、疎水性(水と混ざりにくい)ので、なかなか髪の毛の中まで潤わず、実際は髪の毛がパサパサになってしまいがちだということです。

 

また、コーティングをしているが故(ゆえ)、リンスやコンディショナーの栄養分が髪の中まで浸透してないのです。

 

それから、もうひとつ、ノンシリコンシャンプーは、しっかりと洗い流さないと、頭皮や毛穴に脂を残してしまうので、それが酸化して、フケや臭いの原因にもなるので注意が必要です。

 

一方ノンシリコンシャンプーは、シャンプー本来の目的である、頭皮の汚れをきれいに洗い流し、そして健やかな毛髪の育成を促進する。というシャンプーなので、髪の毛が生き生きとして、フワッとした仕上がりになります。

 

ただし、ノンシリコンシャンプーには、シリコンシャンプーに含まれているような髪の指通りを良くするような成分が含まれていないので、髪の毛がきしむのは仕方がないことなんです。

 

私たちはシリコンシャンプーの指どおりに慣れてしまっているので違和感があるかもしれませんが、本来のシャンプーと指どおりとはこの程度で、普通はそれなりにきしむものなんです。

 

また、せっかくノンシリコンシャンプーを使って、髪質を改善して、フワサラな髪質を目指すなら、リンスやコンディショナーは極力使わないようにしましょう。

 

その理由は、せっかくノンシリコンのシャンプーを使っても、最近のリンスやコンディショナーには、たっぷりとシリコン成分が含まれているものが多いからです。

 

せっかくノンシリコンシャンプーで「フワサラ」に仕上がるはずが、リンスはトリートメントでコーティングしてしまっては本末転倒ですからね。

 

どうしても、ノンシリコンのトリートメントを使いたい・・・という方は、成分に「メチコン、ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シロキ」などといういわゆるシリコン成分が入っていないかを確認してから使うようにしましょう。